Blog&column
ブログ・コラム

ラフティングでのコンタクトレンズは大丈夫?

query_builder 2021/04/22
コラム
contact-lens-person-human-blue
ラフティングは、自然の中で行うアクティブな川遊びです。
ご利用いただくお客様から「コンタクトレンズは大丈夫ですか」とのご質問をいただくことがあります。
そこで今回は、「ラフティングでのコンタクトレンズは大丈夫?」という質問についてまとめてみました。

▼コンタクトレンズの上からゴーグル装着がおすすめ
絶対という規定はありませんが、コンタクトレンズをされている場合にはゴーグルを装着すると安心です。
ラフティングは川の流れが激しいポイントもありますので、川の水が目に入ることがあります。

▼利用するツアー会社に確認しておくのが安心
利用するツアー会社に「ゴーグルが必要かどうか」「コンタクトは大丈夫かどうか」を確認しておくと安心ですね。
ラフティングと言っても、穏やかなコース、激流のコースなど様々です。
また、プラン内容によって川遊び、飛び込み、泳ぎなどが含まれている場合もあります。
ブラン内容を確認して必要なものを準備してください。

▼メガネの場合は?
メガネの場合には、飛んでいかないように留めておくメガネバンドがあります。
しかし川の衝撃によって、曲がってしまったり壊れるという危険性があります。
不安な方は、度付きのゴーグルを装着してください。

▼まとめ
ラフティングでコンタクトレンズの装着が可能かどうかは、プランや川の状況によって異なります。
激流コースならコンタクトレンズは避けた方が無難でしょう。
楽しいアクティビティーの最中に目が痛くなってしまっては存分に楽しむことができなくなってしまいます。
度付きゴーグルか、コンタクトレンズの上にゴーグルを装着するなどして楽しんでください。
弊社は、大きなゴムボートで川を漕ぎ下るラフティングサービスを提供しています。
波が立って流れが激しい場所もありますが、川の流れが穏やかなポイントでは岩肌や春の新録、秋の紅葉をゆったり楽しむことができます。
興味のある方は是非お越しください。

NEW

  • 川下りのアクティビティーと言えば?

    query_builder 2021/12/01
  • 川遊びに必要なものとは?

    query_builder 2021/11/15
  • 川遊びのメリットについて

    query_builder 2021/11/01
  • 川遊びの服装について

    query_builder 2021/10/15

CATEGORY

ARCHIVE